祐(ゆう)とカピバラ

以前、歯科矯正で体調を崩したので、残念ですが矯正を外してもらいました。歯並びの悪さが大きな悩みでしたから、矯正の中断は大変つらかったです。歯並びを良くする別の方法を教えてほしいと質問してみました。でもこれだと思えるような方法は無いということで、残念でした。歯並びが悪い場合は歯科矯正で治せると思っていましたから、歯並びによっては矯正できないことがあるなんて初耳でした。大人になって歯並びが悪くなってきたので歯医者で矯正をしてもらうことにしたのですが、始めて早々に身体の調子がおかしくなりました。歯科矯正のせいだなんて全く考えていませんでしたが、病院で調べてもらったのですが、本来の噛み合わせが特徴的で、歯科矯正によって噛み合わせがずれると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。こうした話を歯医者が教えてくれていたらもっと慎重になったのに、歯医者の方からはそんな説明がありませんでした。歯並びの良い人は容姿の見栄えが良いですし顔立ちもずっと違うものになります。ですから、もし子供の歯並びが気になったら、小さいうちから矯正治療を行い、歯並びを整えておくことを推奨します。歯が抜ける前の乳歯の時に歯列を矯正しましょう。そうすれば、おとなの歯になった段階で整った歯並びを維持できると思います。整った歯列は歯磨きも楽ですから、自分の歯を長く大事にするためにも子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。噛み合わせや歯並びのために矯正をする場合、矯正の方法と治療に必要な時間については治療を受ける人によってかなりのバラつきがあります。どれだけの歯が歯並びの悪さの要因なのか、こうした歯の中で何本を矯正するのかが、治療方針や必要期間を決める上で重要な点です。基本的な矯正治療は、必要であれは虫歯の治療を行い、矯正の方法を検討し、無事に器具を歯に装着したら、経過観察を続けていくようです。矯正計画を立てる段階で、おおよそのスケジュールが決まるという訳です。今まではワイヤーを用いた歯科矯正が普通で、この場合は口を開けると必ずワイヤーが人目に付いてしまうというのは矯正を受ける患者さん共通の悩みでした。ですが、今では、マウスピースを装着して矯正していくことができるので、矯正していることを周囲に悟られない施術を利用できるようになりました。その上、マウスピースを外して歯磨きなどのケアもできるので、従来の課題だった衛生面も大幅に改善されており、これからはワイヤーに代わって主流になると考えられています。歯科矯正には親がお金を出してくれなかったので、成人してから自分で受けました。ワイヤーを付けるという方法自体は子供と同じですが、大人は既に骨が固まってしまっているので、長期の矯正を根気強く進める以外にないのです。大人の場合、舌のクセも定まっているので、矯正後の歯並びに合わせた形に変えていかなければなりません。いずれにせよ、1年から3年ほどの時間はかかりますから、矯正を受けたいと思っているなら、なるべく早期に歯医者さんで相談するのがいいでしょう。歯を綺麗にする施術としては、ホワイトニングやクリーニングが知られていますが、基本的にホワイトニングは、歯を白く綺麗にしたいという美的動機で受けるものです。特に煙草を吸う方でなくても、歯は日々の食事などで少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、黄ばんでしまった歯を元通りの白さにするのがホワイトニングです。対して、クリーニングは、歯垢などを落とす施術であり、美容より医療目的ということになります。また、歯並びを直す歯科矯正というものもありますが、これは見た目の他にも歯のかみ合わせを改善し、顎の関節症などを予防できる長所を認めることができます。歯並びの矯正はどのように行われるのでしょうか。その仕組みが実際どのようなものか知っておきましょう。歯にブラケットという器具を取り付けて力を掛け、変な位置に生えている歯をあるべき位置に定着させ、歯並びをよくするのです。年配の方には、盆栽の針金かけと言えば通じるかもしれません。具体的にどんな器具を用いるかといえば、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。さらに、矯正治療が終了した後は、リテーナーと呼ばれる保定装置をしばらく付けておく必要があります。オフィスホワイトニングをしてもらったあと、その後の手入れはどうしたらいいのかという部分には気が向く人も多いですよね。どんな治療にも言えることですが、歯の矯正を受けた後なども、油断せず定期的に歯科に通う必要があるといえます。治療が終わったからといってそれでもう行かなくていいと思うのではなく、その都度、次の予約を入れて、定期的に診察してもらいましょう。女性の印象は笑った時の口元によるものが大きいといいます。歯科矯正を行うと、前より美人扱いを受けることが多くなるという話もあります。歯並びの悪い場合に比べて、整然と並んだ歯のほうが何倍も好印象になるのですね。この話からもわかるように、歯並びはとても大事なのですね。しかも、矯正が美人を作ると言われるゆえんとしては、出っ歯や受け口などの解消により、小顔になったことの効果もあるでしょう。近年、流行りのホワイトニング。手軽な手段で憧れの白い歯をゲットできるという点が多くの方にとって魅力的なようです。ですが、全ての人がすぐに白さを実感できるわけではありません。また、白さの出方がケースバイケースだというのも難点と言えるでしょう。美容を考える上で、歯は最も目立つ箇所の一つですから、美容を専門としている審美歯科の先生に相談し、しっかりと希望を伝えることが何より大事です。さらに、歯並びが気になる方は、歯科矯正も受けるといいでしょう。せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、などの失敗談もホワイトニングに関してはたまに聞かれます。ホワイトニングの手法、また日々の生活により、数か月もすればまた黄ばんでしまうのです。一番確実な方法は審美歯科で治療してもらうことですが、歯を白くする手法や原理のほか、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、実際の治療に移るのがベストです。歯並びが気になるので歯科矯正も並行して受けたいという人は、どちらの症例数も多く、評判も良いクリニックを探してください。歯科で行うホワイトニングには、必ずしも歯科に通院して受けるものばかりではなく、自宅で空いた時間を使って自分で行えるものがあります。しかし、十分な時間を確保できない場合などでは、手間に見合う効果が得られずに終わるケースも有り得ます。また、歯列矯正の施術を受けている最中は、ホワイトニングの同時利用は困難であるともされていますが、やり方を工夫すれば矯正と同時にホワイトニングを進めることもできます。矯正器具を付けている間は、息の臭いが気になってしまうことは実際にあるようです。器具の間に食べ物が挟まるのが原因ですね。これは、矯正期間が終われば無くなる口臭ですから、そこまでデリケートにならなくてもいいですが、周りの人からあらぬイメージを持たれるのもイヤですよね。このため、矯正中は、自宅でも出先でも小まめな歯磨きに注意するのがいいと思います。歯医者さんや自宅でホワイトニングを行えば、僅かな期間で歯を真っ白にすることができます。しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。数ヶ月から一年は持つとはいえ、歯のホワイトニングというのは黄ばみの原因がなくなるわけではないですから、持続期間が過ぎれば、また少しずつ汚れていくわけです。ちなみに、歯列を矯正する歯科矯正でしたら、矯正の終了後、また悪化してしまうというケースは原則、有り得ないものと思ってよいです。矯正治療は実績の多い治療法ですが、気を付けなければいけないこともありますから、いま歯科矯正をお考えの方はぜひ目を通してみてくださいね。もともと定着していた歯並びを無理やり動かそうとしているわけですので、歯や歯茎、それを支えている骨にまで強いストレスを与えている状態になるわけです。完璧な歯並びを目指して止めないと決めつけて無理に続けることにならないようにしてください。ホワイトニングは100%上手くいくものではありません。時間をかけてもあまり白くならない場合や、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。個人差でホワイトニングがかかりにくい場合など、人によってさまざまな原因がありえます。しかし、その場合でも、時間をかけて何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。歯並びを直す歯科矯正と同じように、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間にも人によって差が出るということです。電動歯ブラシは便利なツールですが、特に近頃は、歯磨きと同時にホワイトニングができる仕組みが搭載されていたりします。ホワイトニングといっても、ステイン(着色汚れ)を落とすというものですが、使い過ぎは歯を痛めるかもしれませんから、禁物といえます。それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、あまり期待しすぎるのも禁物ですね。また、ホワイトニングと併せて歯列矯正を受けるというときにも、矯正器具のために磨き残しが起こりやすいので、気を付けましょう。歯科矯正を受けている最中に気を付けておくべきことは、まずは食事、それに運動でしょう。器具を付けていると、どうしても口内に食べ物が残りやすいので、いつもよりも丁寧な口内ケアを怠ることはできません。体育や部活、趣味のスポーツなども難点です。誰でも思わず歯を噛み締めてしまうものなので、それによって口内が傷ついたり、異なる方向に歯が引っ張られて痛みが走ることもあるのです。これらの注意事項をあらかじめ歯医者さんで確認しておいてください。以前から歯の色や口臭が気になり、歯ブラシが手放せません。毎回、最低5分くらいは歯磨きに費やしています。段々と歯磨きにかける時間が長くなり、なかなか外食できなくなってしまいました。しかし、つい最近、外食の際には歯磨きより、携帯できるマウスウォッシュが使いやすいことが分かりましたホワイトニングは誰もが行うべきだと思います。自分だけでなく、周りのためにも歯の印象は大事だからです。好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、可能なら歯列の矯正も並行して行うのがいいでしょう。ホワイトニングの方法は一つだけではありません。大別すると、オフィスホワイトニング、つまり歯科医院で全ての処置を行う方法。それと、自分の歯の形に合わせたマウスピースを作ってもらい、自宅で定期的に処置を続けていくホームホワイトニングがあります。より確実な美容効果を狙う場合には、双方の長所を併せ持つデュアルホワイトニングを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。採用する手法や健康状態によっては、ホワイトニングと並行して歯科矯正を受けることが可能な場合もあるのです。ずっと苦しんでいたことから解放された、と患者さんの口コミでよくあるのは、歯列矯正に伴って、なぜか肩こりまで治ってしまったという話です。実はこれには根拠があります。顎の骨は頭蓋骨と繋がっており、そのため、歯並びが悪いと首や肩にまで影響が出て、とうとう肩こりになってしまう場合があります。特に運動不足というわけでもないのに肩こりになっていて、そういえば歯並びが悪いんだという方は、歯科矯正を得意とする歯医者さんを当たってみてもいいかもしれませんね。悪い歯並びは早めに直さなければならないとか、周りのお子さんもしているから、などとそそのかされて、うかつに矯正を始める場合があります。しかし、これには危険もあります。歯医者さんが勧めてくることも多いので、いいことかと思いがちですが、幼稚園から小学生くらいの小さな子の場合、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。矯正を強く勧められたときは、その根拠をまずは聞いてみることで、冷静な判断ができるでしょう。大人になってからの歯列矯正には色々と制約もあります。例えば、矯正に先立ち、邪魔な歯の抜歯が必要なことがあります。歯並びの乱れの程度によっては、矯正しようにも、他の歯に干渉して思うように動かせない場合が考えられるための処置です。そのような歯並びの場合には、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯に押されて歯列全体が拡大してしまい、顎が広がり、不恰好になってしまう可能性すらあります。歯のホワイトニングには色々な手段がありますが、人体の作用を利用した施術ですから、人工の歯には効果がありません。自前の歯以外の部分、例えば差し歯やインプラントがある場合は、そこだけ白くならないということになります。差し歯のところだけが黄色いまま残っていると、逆に不自然な見た目になってしまいますね。そうは言っても、ホワイトニングと同時に差し歯を取り換えるなどして、対処の方法はありますのでご安心ください。せっかくなら歯科矯正も同時に受けたいと思っているなら、審美歯科で専門の歯科医に相談してみるといいでしょう。忙しい日常においては、矯正治療を受ける場合、通院頻度が気になってしまうのではないでしょうか。実際に週1回の通院が可能かというと、難しいこともあるでしょう。歯科矯正については、器具を歯に装着したら後の治療は、きちんと清潔に出来ているかが治療方針になると思います。日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば少ない通院回数でも大丈夫なようなので、検討してみて下さい。歯列の矯正に伴って生じる痛みには、主に二種類、瞬間的な痛みと継続的な痛みがあります。痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、ずっと続く痛みの方が精神的にはキツイものです。器具に歯が引っ張られる鈍い痛みに加え、器具が口の中をひっかくような形になり、常に口の中に生傷が絶えないという状態になるのです。短くとも一年、長いと三年ほどこの苦痛に耐えなければならないので、そうした苦痛に耐える自信がない方には、歯科矯正はお勧めできるものではありません。近年また話題になっている歯科矯正ですが、これは、歯に装着したブラケットなどの器具により、歯並びを長い時間を掛けて改善していく技術です。歯に無理がかからない程度の負荷を計算してやっているとはいえ、器具の装着に伴う違和感や痛み、さらに精神的な苦痛に悩まされる方も多いです。普通は少しずつ楽になっていくものですが、何か月経っても違和感や痛みが引かない場合には、放置せずに歯科で再診を受けることが重要です。歯のホワイトニングを利用するにあたり、喫煙習慣は非常に相性が悪いといえます。オフィスホワイトニングはともかく、ホームホワイトニングのように、ホワイトニングを徐々に進めていくタイプのやり方なら、日々のホワイトニングの効果が打ち消されてしまうこともあるのです。ですので、歯を白くしたいのであれば禁煙を徹底することを強く推奨します。それに加えて、歯科矯正を受けている最中の人も、禁煙するのが無難といえます。私は歯のケアにおいてホワイトニングのことしか考えてきませんでした。健康な歯といえば、真っ白なものという印象があったからです。でも、たとえ見た目を真っ白にしたところで、そのたびに歯の表面はすり減り、弱い歯になっていったのです。ホワイトニングのことばかりで、歯茎のケアができていなかったのです。歯の美白ばかりを意識していたので、歯の土台である歯茎の部分が弱ってしまい、冷たいものを口に入れると、強烈にしみてしまうので、困っています。また、ホワイトニングばかりでなく歯列の矯正もしておくべきでした。